新人研修

こんにちは!こばです。

7月も終わりに近づきいよいよ夏本番ですね!

熱中症には十分注意して、水分はこまめにとっていきましょう(^^)/

さて、先日PT1年目を対象とした中枢班主催の勉強会が開催されました。


今回は ”転倒の社会的背景から紐解く姿勢制御” についてです!

高齢者が要介護となる主な要因としては骨折・転倒が非常に多くなり、脳卒中後の自立した生活の中で転倒者数が増加傾向にあると言われています。

PTでは転倒予防としてバランス能力・歩行能力向上に向けての介入が必須となり、そのためにも姿勢制御について知識を深める必要があります。

姿勢制御とは7つのシステムが協調的に働くことで初めて実現されるものになります。今回は主に中枢神経系の視点からみた姿勢制御について学びを深めました。

臨床でのバランス検査では「BBS」が主に使用されることが多いですが、他の評価も併用しながら行うことで”質”的な評価も実施し、転倒予測に向けてアプローチしていくことが重要となります。

当院では今回のように定期的に新人のBase up研修を行っています(^^♪

休みで参加できない職員に対して、勉強会の様子をiPadで撮影し共有フォルダで閲覧できるように工夫しています!

勉強会で学んだことを活かして質の高いリハビリテーションが提供できるようにこれからも日々精進していきます(^^)/

家屋評価について

 

こんにちは。カメラ小僧です!!

今回は、家屋評価についてです。

先日、新人対象に家屋評価の研修を実施しました。

 

当院に入院した場合、リハビリを実施して、時期をみてご自宅にスタッフが訪問させていただくサービスがあります。

内容はご自宅内での生活が安全に送れるか評価し、必要に合わせて手すりの設置などの住宅改修や福祉用具、介護サービスの提案をしております。

皆さんは日々生活を送る中で足腰が悪くなることや昔と比較して力が落ちていることを感じる事があるでしょうか。

足腰の力は衰えると体を支えるバランス能力は低下してしまいます。

バランス能力が低下すると転倒する原因となり、転倒して足腰の骨折をして入院する方が多く見受けられます。

ご自身の身体で足腰の力が入りづらいなど感じる方は一度、介護保険による住宅改修や福祉用具の利用を検討していただけると良いと思います。

当院に入院された場合はスタッフが身体機能に合わせた適切な改修と福祉用具の提案をさせていただきますのでご安心ください。

読んでいただいた方がご自身やご家族のお身体。また、自宅の中を見つめ直す機会になれば幸いです

横浜市立大学・インドネシア共和国ハサヌディン大学(看護学部)国際交流

2020年公衆衛生ユニットさくらサイエンスオンライン交流会プログラム」(2021年1月19日~21日)に参加しました。 

横浜市大医学部看護学科教授の叶谷先生、同大学グローバル都市協力研究センターの森口先生から依頼を受けまして、インドネシアのハサヌディン大学看護学部の学生さんに向けて「リハビリテーション病院における摂食嚥下の支援の実際」についてオンラインでお話しました。

プレゼンスライドは市大の先生が全て英訳していただき、当日は同時通訳も行っていただきました。リハビリテーション病院の機能や役割、嚥下障害のメカニズム、肺炎予防対策、リハビリテーション、看護師の役割、嚥下食などについて映像を交えながらお話ししました。

インドネシアは、現在穏やかに高齢化が進んでいて、平均寿命は70.2歳(平均余命17.0歳)で、死亡原因をみると、第4位に肺炎を含むLower respiratory infections(下気道感染症)となっております。今後高齢者比率が高まると予測されるインドネシアにおいては、高齢者に対する誤嚥性肺炎対策が重要な課題となっているようです。

ハサヌディン大学看護学部の学生さんはとても勉強熱心で、集中して耳を傾けてくれました。プレゼンの中でのちょっとした問いかけには、学生さんは一斉に反応してくれて、しばらくディスカッションの時間になることがありました。これが海外か!と、とても驚きました。プレゼンの後もとても鋭い質問がたくさんあり、あっという間の90分でした。

今回、大変貴重な機会を与えていただき、また多大なご協力をいただいた横浜市大の先生方には心より感謝申し上げます。

また資料作成や動画撮影にご協力、ご助言いただきました当院看護部の牛腸看護部長、臼井主任、管理栄養士の藍原さん、調理を担当していただいている日清医療食品株式会社の皆様本当にありがとうございました。