学会発表in大分

こんにちは。リハビリテーション科の阿部です。

6月28-29日にiichiko総合文化センター・大分県立美術館(OPAM)で開催された

『第20回日本言語聴覚学会inおおいた』にてポスター発表の機会をいただきました。

『神奈川県における失語症者向け意思疎通支援事業に関する取り組み

  ~養成事業の準備から初年度実施までの経過と今後の課題~』

というタイトルでの発表でした。

 

全国に30万~50万人いると推定されている失語症当事者。

平成30年度に神奈川県言語聴覚士会が県から事業委託を受けて、全国に先駆けて

『失語症者向け意思疎通支援者養成講習会』を開催し、20名の修了生が誕生しています。

令和元年度は22名の受講生で養成講習会がスタートしています。

 

今回の学会発表では、その取り組みにおける『成果』『問題点とその対策』『今後の課題』を中心にお伝えしてきました。

他県やメディアの方からも沢山のご質問をいただき、社会からも注目を集め始めている事業である事を実感するとともに、その責任も再確認し身が引き締まる思いでした。

 

失語症に対する社会での理解が拡がり・深まり

必要とされる支援が行き届き

主体的に意思決定を行い

彩りのあるその人らしい生活を送れる

そんな社会が実現出来たら

素敵ですね。

 

全国のSTの先輩や仲間と色々な思いや取り組みを語りながら

また明日からの臨床の質の向上を図っていきます。

 

学会参加の醍醐味は、

①最新の知見や取り組み事例を知る

②それを共有し繋がる

③開催地の特性を知る

と、個人的に考えていますので、もちろん郷土料理もしっかりリサーチして参りました!

学会発表

 

こんにちは。リハ科作業療法士の新倉です。

先日、山梨県甲府市で行われた第31回活動分析研究大会にOT4名が行ってきました。

作業療法と、とても関わりの深い「活動」について、多くの方の発表を通じて学ぶことができる貴重な機会となりました。

特に注目したのは「情動報酬系へのアプローチ」についてです。

情動とはヒトの行動の根底にあり、動機付けを担っているものとされています。

動機付けはリハビリテーションを行う上で、患者様から意欲を引き出すために重要な要素です。脳内のドーパミン作動系ループがそれらに関与しているとされ、期待より報酬が上回ると学習が強化されると言われています。

今回の大会ではそれらの情動について、作業を通じた介入、対象者の変化と考察を聞くことができ、作業療法の可能性を改めて考えさせられる内容でした。

当院からは先輩の二人が、それぞれ座長、演者として参加されました。

桐生さんは座長として円滑で活発なディスカッションを進行していました。

 

横戸さんの演題では、物品の持つ特性や使用方法による目的の違いなど、一つ一つの活動を深く知ることができ、より臨床に深みを持たせられるようになったと感じます。

お二人とも大変お疲れ様でした。

帰り際、山梨県で有名なほうとうのチェーン店である「小作」で夕食となりました。大きな野菜がたくさん入っていて、とてもおいしかったです。
今回得た学びをしっかりと自分のものにし、今後の臨床と患者様の関わりに活かしていけるよう努力していきます。

 

 

学会発表

こんにちは、なみきのKENです。 

先日、「回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会」に参加してきました。

回復期リハビリテーション病棟協会研究大会は、全国の回復期リハビリテーション病院が集まり、研究・実績を発表し知識を広げていく場所となっています。

今回は初の東京ディズニーリゾートのミラコスタホテル・アンバサダーホテルでの開催となり、私もなみき代表として「回復期病棟にて運転支援を取り組んでみて」という題名でポスター発表してきました。

        

  自動車運転支援は、近年のリハビリテーションでも大きなトピックスとして動き始めています。当院でも昨年から開始しており、まだまだ発展途上中の段階です。

今回の発表は、運転支援というグループ内での発表となり、「病院と教習所の連帯」「病院内に教習所がある病院」など様々な施設からの発表がありました。私の発表は、当院のけるドライブシュミレーターを使用した運転支援の取り組み・課題点・改善点についてまとめ、発表しました。他施設から様々な貴重なご意見・質問をいただきましたので、今後に活かしていきたいと思いました。 

また、今回の学会は「情熱」「科学」がテーマでありリハビリ職だけでなく、医師・看護師・医療ソーシャルワーカーなど様々な視点から回復期での取り組みについて報告があり、たくさんの知識を吸収する事ができました。

そして、医療職種のみならず、企業展示もあり大手企業が福祉用具などの展示説明があり、飲み込みが難しい人のために開発された、街中でよく見る飲料自動販売機が自動とろみ付きのものがありました。とろみをつけていくのが一手間かかり、外出先では難しいこともありますが、こういう販売機があると便利だなと思いました。 

それ以外にも衣服・スマートウォッチなど最新機器と医療の連帯がありました。現代の医療では、障害者の方が地域に出ても住みやすい環境設定が近代的になってきていると実感しました。

 

今回の学会参加にて得た知識は今後の業務で活かしていけたらと思いました。