日本高次脳機能障害学会 2019年夏期教育研修講座参加

先日、当院のST2名で「日本高次脳機能障害学会 2019年夏期教育研修講座」を受講して参りました。

 

今回は本講座初の金沢開催だそうで、私達2名も初めての金沢でしたが2日間共お天気にも恵まれました。

1日目は失語症について、2日目は高次脳機能障害についてでした。

1日目は特に発語失行の細かな機序や分類、アプローチ方法について実際の症例を参照しながらの講義で、とてもわかり易く勉強になりました。また、話す・聞く・書く・読むの4つのモダリティごとの講座や、病巣ごとに発生しやすい症状やその特徴等もありました。

 

2日目は、失認、失行、半側空間無視、記憶障害等について学ぶことが出来ました。

特に失認の症例は当院で目にする機会が少ないですが、質感失認(対象の質感を認知できない)、色彩失認(色と色名、物品名、物品を連合できない)など珍しい失認の症例を実際の映像で見せて頂き、興味深かったです。

 

 

失語症を含めた高次脳機能障害は、まだはっきりと解明されていない部分も多い分野ですが、その中でも新たな情報が得ることが出来ました。

研修後は金沢名物の「のどぐろ」を頂いてきました!

 

今回得た知識を病院に持ち帰り、臨床に還元していきたいと思います。

学会発表in新潟

皆様、夏バテは大丈夫でしょうか。

猛暑日が続き、全国45都道府県に、高温注意情報が発表されているほどですね。

熱中症、脱水症には十分注意して、過ごしていきましょう!

さて、先日、日本訪問リハビリテーション協会学術大会in新潟に参加してきました。

リハビリテーション科の相澤です。

セラピストを中心に、訪問リハビリに携わる人達がそれぞれの取り組みについて発表を行いました。

当院からも、今年は言語聴覚士が発表を行いました。

テーマは『重度失語症者へのコミュニケーション支援を通した単身生活継続への取り組み』

失語症は脳梗塞や脳出血などにより言葉を聴いて理解する、話す、読解、音読、計算することが困難になる障害です。コミュニケーションを取る際には配慮が必要ですが、失語症は目に見えない障害である為、まだまだ社会的な認知度が低く、支援方法もあまり知られていません。

失語症の方は電話やメールも困難となる為、特に一人暮らしではご自宅への退院を諦めなければならないことがあります。ご自宅に退院できても、ご家族や訪問介護員と上手くコミュニケーションが取れずにお互いに困ってしまうことが多く見受けられます。こんな時、言語聴覚士が橋渡しをすることで安心・安全に生活ができるようになります。

今回の発表では、一人暮らしの失語症の方に行った橋渡しの具体例とその有用性について報告しました。

コミュニケーションがうまく取れず、災害時や体調不良時の連絡が難しく、安全に生活できるか不安を抱えていましたが、橋渡しを行ったことで、ご本人様及び訪問介護員お互いの不安感やコミュニケーションの困難さを軽減することができました。

発表を通じて、失語症の方が地域で安心して生活する為に、机に向かって行う訓練だけでなく、実際のコミュニケーション支援がとても重要であると感じました。

 せっかく新潟に来たので、ご当地のものを食べたい!!ということで、へぎそばを戴きました。香りが良くとても美味しかったです。皆さんも新潟にお越しの際はぜひ。

学会発表


こんにちは、理学療法士の加藤です。

先日、2019年6月13~15日に『第56回リハビリテーション医学会学術集会』に参加させて頂きました。当院からは、事務長、理学療法士2名、作業療法士1名、言語聴覚士1名の計5名が参加しました。

 

開催場所は、兵庫県神戸市にあります神戸コンベンションセンターにて行われました。

私たちが参加したのは3日間でしたが、大会は5日間にも及び、延べ約1500もの演題数が集まる非常に規模の大きい大会でした。

当院からは、リハビリテーション科訪問班の小玉係長が「金沢区地域リハビリテーション連絡会によるネットワーク構築活動の報告」という演題にてポスター発表を行いました。

発表では、金沢区地域リハビリテーション連絡会の活動報告として、超高齢社会に向けた地域包括ケアシステム構築のために、リハビリテーションマップや事例検討会、研修会を実施し、顔の見える密な連携を図った経過を報告し、金沢区地域リハビリテーション連絡会の必要性を説明して頂きました。

来年度の第57回日本リハビリテーション医学会学術集会は京都で開催予定です。今年もリハビリテーションの成果を出し、なみきリハビリを盛り上げていきたいと思います。