学会発表

こんにちは、なみきのKENです。 

先日、「回復期リハビリテーション病棟協会第33回研究大会」に参加してきました。

回復期リハビリテーション病棟協会研究大会は、全国の回復期リハビリテーション病院が集まり、研究・実績を発表し知識を広げていく場所となっています。

今回は初の東京ディズニーリゾートのミラコスタホテル・アンバサダーホテルでの開催となり、私もなみき代表として「回復期病棟にて運転支援を取り組んでみて」という題名でポスター発表してきました。

        

  自動車運転支援は、近年のリハビリテーションでも大きなトピックスとして動き始めています。当院でも昨年から開始しており、まだまだ発展途上中の段階です。

今回の発表は、運転支援というグループ内での発表となり、「病院と教習所の連帯」「病院内に教習所がある病院」など様々な施設からの発表がありました。私の発表は、当院のけるドライブシュミレーターを使用した運転支援の取り組み・課題点・改善点についてまとめ、発表しました。他施設から様々な貴重なご意見・質問をいただきましたので、今後に活かしていきたいと思いました。 

また、今回の学会は「情熱」「科学」がテーマでありリハビリ職だけでなく、医師・看護師・医療ソーシャルワーカーなど様々な視点から回復期での取り組みについて報告があり、たくさんの知識を吸収する事ができました。

そして、医療職種のみならず、企業展示もあり大手企業が福祉用具などの展示説明があり、飲み込みが難しい人のために開発された、街中でよく見る飲料自動販売機が自動とろみ付きのものがありました。とろみをつけていくのが一手間かかり、外出先では難しいこともありますが、こういう販売機があると便利だなと思いました。 

それ以外にも衣服・スマートウォッチなど最新機器と医療の連帯がありました。現代の医療では、障害者の方が地域に出ても住みやすい環境設定が近代的になってきていると実感しました。

 

今回の学会参加にて得た知識は今後の業務で活かしていけたらと思いました。

高次脳学会への参加

更新が滞ってしまい、ご迷惑をおかけしております。 2019年となり、充実した日々があっという間に過ぎ去ってしまいました。 当院からも綺麗な桜が見え始めました!

ご無沙汰となってしまいましたが、今回は学会への参加報告をさせて頂きます。

第42回日本高次脳機能障害学会学術総会 参加報告 2018年12月6日(木)と7日(金)の2日間、神戸国際展示場で開催された、第42回日本高次脳機能障害学会学術総会に、ST3名で参加させていただきました。 今回の大会のテーマは、「Neuropsychological Rehabilitationの原点とトピック」です。 社会的行動障害についての教育講演や失語症治療についてのシンポジウムなどが行われました。 社会的行動障害は記憶障害、注意障害、遂行機能障害と並んで高次脳機能障害の主要4症状の1つに位置付けられています。 社会的行動障害の方はそもそもリハビリテーションの場に参加すること自体が困難なことも多いです。そのため症例ごとに複合的要因を分析し個別例の状況に応じた支援を考えることが必須となります。

今回学んだことを今後のリハビリに繋げていきたいと思います。

第24回摂食嚥下リハビリテーション学会参加報告

9月8日(土)と9日(日)の2日間、仙台国際センター及び東北大学百周年記念館川内荻ホールで開催された、第24回摂食嚥下リハビリテーション学会学術大会に、ST4名で参加させていただきました。

 

 

毎年、医師、歯科医師、看護師、言語聴覚士、作業療法士、理学療法士、歯科衛生士、管理栄養士など様々な職種の臨床家や研究者、教育者が、約6000名参加する大きな学会です。

 

今回の大会のテーマは、「集い、語り、動く ~摂食嚥下の地域リハビリテーション」です。

学会では、シンポジウムを始め、パネルディスカッション、教育講演、一般演題、ポスター発表が行われます。病院、施設、訪問サービスなどの医療機関での連携の重要性、医師、看護師、言語聴覚士などのリハビリスタッフ、管理栄養士、ケアマネージャーなどの職種間の連携の必要性が、常に強調されていました。

 

 

当院からはSTの廣瀬科長が、「画像検査と多職種連携が有効であった一例」について発表され、嚥下障害の対応が画一的ではなく、症例ごとに正しい病態の診断と適切な治療が必要であることを学びました。

 

他にも、摂食・嚥下関連の最新評価機器、リハビリ器具や嚥下食の展示・紹介もあり、企業の方に、炭酸飲料へのとろみの付け方を教えていただき、とても充実した2日間だったと思います。

今回の学会で得た知識を、臨床に活かしていきたいと思います。