病棟レクリエーション 秋祭り

こんちには、さいちゃんです。

先日、病棟レクリエーションを行いました。

秋祭りをテーマとして今回は、3種目用意しました。

この下の写真の作品は、リハビリ時間で患者様に協力していただき作成した

ものです。

種目1つ目は、輪投げ

2つ目は、お好み焼き返し

3つ目は、スマートボール

当日、20名以上の患者様が参加され夢中になって行う様子や他患者様が行うのを応援する様子など様々な患者様の様子がみれました。

普段のリハビリとは違い、集団で行うことで患者様の違った一面も見れるので集団での活動もいいですね!

 

今年の失敗点や成功点を振り返り来年に生かしていこうと思います。参加された患者様、スタッフの皆様お疲れまでした。

病棟レクリエーション

 

こんにちは、しーちゃんです。

まだまだ猛暑日が続いていますね。

私たちも患者様も熱中症に気を付けながら夏の日々を過ごしています。

さて、今回は病棟内で行われているレクリエーション、「カレンダーレク」についてご紹介したいと思います!!!

当院では毎月下旬にカレンダーレクを行い、翌月のカレンダー作成を実施しています。

カレンダーレクで完成したカレンダーは、毎月病棟に飾っています。

患者様に協力して頂きながら病棟内の看護師、リハビリスタッフと皆で協力して作るので一体感が生まれて患者様からも凄く好評です。

毎月リハビリスタッフがその月々に合わせたテーマを考えて、レクまでに患者様と一緒に準備を行っています。

今回のカレンダーレクのテーマは「十五夜?」「お月見?」それとも…

作成したカレンダーは来月から病棟に飾られますので、来院された際はぜひ、見てください!!!

 

病棟作品のご紹介

こんにちは、みとめです。
昨日、今日は梅雨の間の貴重な晴れ間。

昨日の昼間は外気浴をしながら、景色を楽しむ患者様をよく見かけました。
お散歩にはちょうど良い気候でしたね。

実は、病棟にも『目の癒し』となるスポットがあるのでご紹介させていただきます。

3A病棟にある、患者様との共同作品である『孔雀』です。

患者様が折り紙をキューブ型にたくさん折ってくださいました。
本当にたくさん。
そして介護職員が折り紙で孔雀を描き、患者様が折り紙キューブを貼って孔雀に綺麗な羽根をつけてくださいました。

折り紙キューブだけを見ていたときは、一体何を作るのだろう??と不思議でしたが、完成した作品を見てビックリ。

孔雀の羽根に見立てるなんて、とっても素敵な発想ですよね。

私はその作品の前を通る度に感動しています。

回復期リハビリテーションでは、社会参加へ向けての支援にも重きを置いています。
『社会性を保つ』ために、当院では他者との関わりや共同作業を大切にしています。

また素敵な作品が出来上がったら、ご紹介させてください。