病棟作品のご紹介

こんにちは、みとめです。
昨日、今日は梅雨の間の貴重な晴れ間。

昨日の昼間は外気浴をしながら、景色を楽しむ患者様をよく見かけました。
お散歩にはちょうど良い気候でしたね。

実は、病棟にも『目の癒し』となるスポットがあるのでご紹介させていただきます。

3A病棟にある、患者様との共同作品である『孔雀』です。

患者様が折り紙をキューブ型にたくさん折ってくださいました。
本当にたくさん。
そして介護職員が折り紙で孔雀を描き、患者様が折り紙キューブを貼って孔雀に綺麗な羽根をつけてくださいました。

折り紙キューブだけを見ていたときは、一体何を作るのだろう??と不思議でしたが、完成した作品を見てビックリ。

孔雀の羽根に見立てるなんて、とっても素敵な発想ですよね。

私はその作品の前を通る度に感動しています。

回復期リハビリテーションでは、社会参加へ向けての支援にも重きを置いています。
『社会性を保つ』ために、当院では他者との関わりや共同作業を大切にしています。

また素敵な作品が出来上がったら、ご紹介させてください。

検食


こんにちは!みとめです。

4月に入り、気が付けば3週目に突入しました。

今週はさらに暖かくなるようで、コートなしで遠出したくなりますね。

今月はSTの検食月間。

やわらか食(当院では五分食と呼んでいます)を毎日、毎食検食し、

柔らかさや水分量は適切か、飲み込みにくさはどうか等を、専門職としての視点からチェックします。

今回のお昼メニューは、お粥、白身魚のマヨネーズ焼き、冬瓜の煮物、キャベツのお浸し、お味噌汁です。

お魚が美味しかったです!(^^)!

春は何かと体調を崩しやすい時期です。

皆さま、お身体ご自愛ください。

~園芸療法~

こんにちは、せきです。

チューリップ、ツルコザクラ、シクラメンとリハガーデンは色鮮やかな花々が咲き乱れています。畑の野菜もスクスクと育っており、収穫が楽しみです!

この綺麗な花々やお野菜は、園芸療法として患者様と一緒に植えたものです。

当院の園芸療法は「はっぷ」さん協力のもと昨年10月より始まっています。

「はっぷ」さんとは葉山周辺を活動ベースにしている一般社団法人で、園芸療法やアロマセラピー等を通じて地域の自助-互助をサポートし地域でいつまでも自分らしく暮らすことを支援している方々です。

はっぷさんとともに今まで多くの活動をしてきました。

畑の土づくり、野菜の苗植え、花の寄せ植えや種まき、野菜の手入れや収穫。

室内では、植物を使ってクリスマスや節分の飾り作り、春浴(手浴で春の草花を入れる)‥等。

これからも、はっぷさんとの活動を紹介していきますので、お楽しみにしていて下さい!!