訪問看護 ~十二支の始まり編~

こんにちは訪問看護のキ~ナです

インフルエンザが大流行しバタバタソワソワしていたら

すっかり1月が終わってしまいました

さてさて、2019年はいのしし年年号が平成から新しくなる年でもあります。

 

 

 

 

 

 

そのいのしし年の猪は十二支の中でなぜ最後なのでしょうか?

「猪突猛進」のように信念をもって突進していくはずなのに・・・・?

色々と調べてみたところ、ストーリーが面白くその上「へーぇ~」と思ってしまう

内容にホッコリしてしまいます

詳しい内容はこちらから~ご興味のある方はどうぞ

  http://shigotonochikara.jp/ohanashi2.htm

 まだまだ寒い日が続きますが、よく寝てよく食べ、さらによく運動して

「いのしし」のように粘り強く、自分の信じた道を突き進んでいきましょう!!

またね訪問看護のキ~ナでした

通所リハビリ ~2018年作品集~

こんにちはッ

通所リハビリです(^v^)

お正月の忙しさも、みなさまそろそろ落ち着いてきたころでしょうか?

今回は通所リハビリご利用者様の、2018年の作品を紹介していきたいと思います

こちらはメタリックヤーンで作成したカメさんです

なんと!3本の綿棒が骨組みとなっています♪

お正月らしい壁画は、模造紙を2枚も使った力作です

お花紙の花びらは、ゴルフボールを入れて膨らませ立体感を出しています

こちらのお正月のリースは、通所の職員が作成しました

リースの土台部分は新聞紙で出来ています

今年も通所リハビリでは様々な作品作りに挑戦していこうと思います☆

次回の投稿もお楽しみに~♪

 

 

 

 

 

 

お正月~奄美編~

明けましておめでとうございます。

寒い日が続いてますが、みなさん体調崩されてないですか?

お正月なので、 お正月料理の事を書かせて頂きます。

私の実家は奄美大島と言う所なんですが、奄美には年越しそばやおせち料理を食べる習慣がなく、31日の年越しには塩漬けされた豚アバラ骨と島野菜を昆布出汁とかつお出汁、醤油(少々)で味付けした物を食べます。

元旦には三献(さんごん)と言う一の膳、二の膳、三の膳からなるお祝い料理を頂きます。

一の膳は、赤いお椀に入った吸い物で、海老、蒲鉾、椎茸、ゆで卵、おもち、魚、カイワレ等が入った物。

二の膳は、刺身で、白身魚かイカ、タコなど。

三の膳は、また吸い物なんですが、今度は黒いお椀で豚や鶏などの肉と冬瓜などの野菜が入った物になります。ただ最近は手間がかかるし、流通も良くなってるので奄美の正月料理を作る家庭は少なくなったようです。

お正月には美味しいもの身体が温まる物で体力つけて、無事に寒い冬を乗り越えたいですね。

みんなで楽しいお正月を迎えてください。

そしてまた一年みんなで力を合わせて前進しましょう

ご覧いただきありがとうございました。

 

第60回全日本病院学会 in 東京

みなさん、こんにちは なみき~なだよ

 

去る10月6日(土)・7日(日)なみき~なはグランドニッコー東京台場で開催された『第60回全日本病院学会 in 東京』に参加してきました。

今回の学会テーマは、『成熟社会における医・食・住』

公益社団法人 全日本病院協会 学会長 猪口 雄二 先生の特別講演では、「成熟社会とは、量的拡大を追求する経済成長が終息し、精神的豊かさや生活の質の向上を重視する、平和で自由な社会を意味している。今後迎える超高齢社会において、特に高齢者の食生活や住まい方を考えた、総合的な街づくりが必要。これは、地域包括ケアシステムの創造とも大きく関連しており、我々医療関係者はこの中で存分に活躍しなければならない。」

と述べられており、向こう10年で大きく変わる人口動態、問われる医療の質等々、とても興味深い講演でした。

また、なみきリハビリテーション病院看護部からも、2題の発表を行いました。

1.内服管理能力指標を作成した結果~1回配薬から1日分自己管理に向けて~

2.長期臥床患者の便秘に対する 排便コントロールの一考察

それぞれが自分たちの病棟の患者様と向き合い、研究に取り組み、その成果を発表しました。とても素晴らしい発表の機会となりました。

これらの研究で得た学びを、看護に活かしていきたいです!

3Bのレクリエーション

こんにちは、3B病棟のナースです。 

私のいる病棟は、医療療養病棟で、ほぼ全員の患者様が寝たきりの状態です。

入院生活も長期になり、リハビリの回数も極端に減ってきます。そんな中で、私たち看護職が、どうしたら患者様をベッドから離した生活に近づけることが出来るか、日々考えながら仕事を行っています。

人員確保などの都合で、毎日は行えませんが、月に2回ほど病棟レクリエーションを行っています。

患者様本人が動けるわけではないので、ご家族にも協力を頂きレクリエーションを実施しています。

医療療養病棟が出来て今年で6年、今までやりたいと思っていたことが、少しずつではありますが、実現することが出来るようになってきました。

3B病棟のレクは、まだ動き出したばかりですが、これからも患者様、ご家族様が思い出に残る催しを企画していきたいと思っています。