新人職員

4月になり気温が上がり過ごしやすい季節になりました

私事ですが、最近は休日に海に行き遊ぶことが増えてきました風が吹くと肌寒いときもありますが夏と比べると人が少ないのが良いところですね皆さんもぜひ足を運んでみては

話は変わり、4月から看護部10名・リハビリ科14名の新人職員が入職しました

リハビリ科は配属先が決定し、先輩の後ろについてリハビリの基礎を勉強しております。

看護部は5月まで各病棟へローテーション研修に出向き、色々な病棟を知り自分に合った病棟を希望し6月に配属部署が決まります

医療業務の勉強はしていましたが、実際に現場で業務を行うと不安でいっぱいです

そんな中、病棟の先輩たちには優しく教えてもらい不安が少しずつ減ってきました。何とか頑張って業務を覚えていきたいと思います

最後になりますが、私たち新人職員は皆様にご迷惑をかけることもあると思いますが新人職員一同頑張っていきますので応援よろしくお願い致します

新年度に向けてお礼参り

皆様 訪問看護ステーションです

今日も元気にナースたちは訪問しています 

  3月末、満開の通所入口のパシャリ

4月に入ってハラハラと散ってきましたがそれも春らしいですよね

 そう4月と言えば、入学・就職などで新しい生活をスタートする方が多いと思います。

そして先日、お礼参りをしてまいりました

   岡村天満宮です

 初詣や子どもの受験前、体調を崩した時はなど神様にお参りにするかと思います。

(神社に行ってお願いするばかりですが~トホホ

人にお願い事をした時お礼を伝えるように、神様にも気持ちを伝えることが大切なようです。

桜も満開が過ぎ、暖かい春の日差しに包まれながら、皆様もお礼参りいかがでしょうか?

神社は日本の文化です。大切にしていきたいですね。

春のにゅぅ~フェイス(*^ω^*)

こんにちは!き~なちゃんだよ

先日雪が降りましたが

春はすぐそこまできています!!

並木周辺の桜も蕾や花が咲き始めてきています

春といえば、出会いと別れの季節~♪

通所リハビリでは、リハビリ科から新しいメンバーが仲間に加わりました!!!

今回は新メンバーをご紹介させていただきます!!

★Nさん  ・好きな食べ物:ラーメン・寿司

・嫌いな食べ物:辛い物

・ひとこと:精一杯頑張るので、よろしくお願いします。

★Tさん  ・好きな食べ物:和菓子

・嫌いな食べ物:納豆

・ひとこと:慣れないことが多いかもしれませんが、がんばります!

★Oさん  ・好きな食べ物:辛い食べ物

・嫌いな食べ物:酢の物

・ひとこと:ご迷惑をお掛けする事が多々あると思いますが、一生懸命頑張ります!

★Sさん  ・好きな食べ物:お寿司

・嫌いな食べ物:なし

・ひとこと:一生懸命頑張りますので、よろしくお願いします!

新しい風が吹きますね~(^v^)

その他に、4月から介護報酬の改定があります。

新メンバーと共に利用者様の充実した生活をサポートできる様、通所リハビリスタッフ一同盛り上げていきたいと思います!!

 

 

春はすぐそこ!(^^)!

こんにちは!ご覧いただきありがとうございます。

今回のブログは、我が家の近所にある春をお伝えします。

この冬は雪による車や電車の立往生、水道管凍結による断水といった厳しい寒さのニュースも多かったですよね。

最近は、日中に暖かい日差しを感じられる日も多くなり、春を感じる日が増えてきました。

金沢区にある金沢自然公園の梅林の様子をお伝えして、春の訪れを感じて頂ければと思います!

金沢自然公園は、動物園、植物区、その周りの外縁区から

 成る東向き傾斜地の広大な自然公園で展望台からの眺めも最高です。

金沢文庫の街が一望でき、八月の土日には[ナイトZOO]と言って夜も動物園が営業しているので入場でき、て金沢花火大会を遮る物もなく観覧できるんですよ。

そんな金沢自然公園にある梅林には約250本の様々な種類の梅が植えられ、例年の見頃は2月上旬から3月中旬です。早咲きから遅咲きまで開花の時期が異なる様々な種類があるので長く楽しめます!

今年は終わってしまいましたが毎年2月中旬には野点(のだて)を楽しむ「梅見のお茶会」も開催されるそうです。

梅林の前に斜面を利用したアスレチックや100mもあるローラー滑り台もあるので、お子さんも楽しめるスポットですから、ぜひ皆さんでお越しくださいね。

ただ、斜面を利用しているが故に全体的にアップダウンが多く、要健脚!!

歩きやすい靴でお越しください!

少し早い春を感じに行きましょう!!!

では・・・また (^^)/

 

 

これからの医療を支える看護師の特定行為研修

みんな元気ですか? なみき~なだよ!

 

昨年末なみき~なは、三田公用会議所で開催された厚生労働省主催『看護師の特定行為研修シンポジウム』に行ってきました。

三田公用会議所は、港区三田にある日本中央省庁が共同で使用する目的で建造された会議場です。

今回のシンポジウムの開催目的は、特定行為に係る看護師の研修制度の推進の一環として、研修修了者の活動の実際を示し、研修制度について理解を深めることです。更に、地域包括ケアを支えると言われる特定行為研修修了者の活動について考えることです。

講演の中で特に関心があったのは、『訪問看護ステーションにおける特定行為研修修了者の活動』でした。

利用者の受診にかかる負担軽減のために、在宅医療で行われる特定行為に特化して実践している6行為についての報告がありました。

1.気管切開カニューレの交換 2.膀胱瘻・腎瘻カテーテルの交換    3.胃瘻カテーテルの交換 4.腹腔ドレーンの抜去           5.褥瘡デブリードマン 6.脱水症状に対する輸液による対応

特定行為研修制度を履修することで、患者(利用者)の、外来受診の負担軽減、退院支援、費用負担軽減に貢献できたとのことでした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

厚生労働省は、2025年に向けて約10万人以上の特定行為研修を修了した看護師の養成を目指しています。

今後、特定行為研修を修了した看護師の活躍の場は、病院内だけではなく訪問看護ステーション、介護施設、地域の診療所へと広がっていくと思います。