育休明け復帰しました!

今月の2月から産休・育休を終えて2B病棟に復帰しました

はじめての子育てに毎日奮闘し過ごして、やっと育児に慣れたと思った頃に仕事復帰...。

 

家事・育児に加え、仕事...いっぱいいっぱいになってしまうことは目にみえていて、パンクしてしまいそうと思っていたら、子どもの発熱。

保育園の洗礼を早くも受けました。

慣れない環境・長時間母と離れること、親以外の大人との関りに私以上に疲れてしまったのかな。

 

子どもの発熱ともなると、仕事を休まなければならず申し訳ないと心苦しかったのですが、「大丈夫だった?つらいよね。子どもが小さいうちは仕方ないよ」など励ましの声をかけてくれたりと、先輩ママ達含め、病棟スタッフの温かい言葉に救われました。

ママさんだけでなく、先輩・後輩・病棟全体が子育てに対して理解がある人ばかりで本当に働きやすい環境だと改めて思いました。

新米ママでした

ひなまつり

「あら、可愛いらしい♥️
「そうか、今日は雛祭りね
こんにちは、4A病棟です。

写真は3月3日雛祭り当日のランチでの出来事。
病院では季節や行事に合わせた食事が提供されます。
勿論患者さんの嚥下状態や健側の動かせる状態に合わせた状態で提供されます。

そして蓋を開けた時に飛び交っていたコメントです。

病室で冬は暖かく、夏は涼しい環境は過ごしやすいかもしれないけど、久しぶりにリハビリの一貫で外へ歩く練習を行った患者さんは風を感じ外の気候や花の香りに触れたことに喜びを感じられる方も多くいます

そういった生活で四季を感じられる食事は思わず顔がほころぶ瞬間でもあり、記念に一緒に付いてくるカードを自室へ持って帰る方も多くいます。
 
また、最近はこのようなご時世のため病棟のレクレーションは出来ませんが、
一部の患者さんが集まってリハビリの一貫でカレンダーを作ってくれています。
病棟が華やかになりますね♥️
もうすぐ病棟の窓から、近所の公園の垂れ桜が観られる時期です。
そして、寒暖差の激しい季節。
皆様、体調管理に引き続きお気をつけください。

免疫力を上げよう

新型コロナウイルスにより私たちの日常は大きな制限を受けていますが、今回は、新型コロナウイルスに負けない免疫力をつけるために日々できることって何だろう?と考えてみました。

免疫力を高めるためには‥‥

①バランスのいい食事をとる

②手洗い、うがい、マスクなどの感染予防行為を行う

③適度な運動を行う

④睡眠、休息をとる

⑤ストレスをためない

などがあげられます。

外食に行けずに家での食事の機会が増えていると思います。

今回は免疫力をアップする食材のトップ10を紹介しているサイトがあったので紹介したいと思います。

1位  ヨーグルト

2位  みかん

3位  バナナ

4位  人参ジュース

5位  緑茶

6位  干し柿

7位  キムチ

8位  納豆

9位  キウイ

10位 アーモンド

規則正しい食生活を送り、免疫力をアップすることで新型コロナウイルスを予防しましょう!

 

~老人川柳~

こんにちは訪問看護です
緊急事態宣言の中
なかなか終息しないこの毎日に・・・・疲れが・・・・・
そこでジワジワと心に染みる老人川柳を見つけましたので
皆さんご紹介したいと思います。

『 アーンして 昔ラブラブ 今 介護 』

『 マイナンバー ナンマイダーと 聴き違え 』

『 年上が タイプだけれど もういない  』

『 孫たちに アドレス聞かれ 住所言う 』

などなど、いかがでしたか?
思わずクスっとする感じに癒されてください~

❣こちら外来です❣

こんにちは

1 2月に入り寒くなりました。

今月は、当院の内視鏡室をご紹介いたします。

当院では、胃・大腸内視鏡検査を火・水・木曜日の午前中に行っております。

また、保険診療での内視鏡検査のほか、横浜市胃がん検診も行っております。

横浜市胃がん検診は、横浜市在住の方で50~69歳の方 70歳以上の方が対象

になります。

では、内視鏡室をご案内いたします。ドアを開けてみましょう。

    

ドアを開けると内視鏡室前室になります。

こちらでは、内視鏡検査の事前説明や結果説明を行います。

奥の部屋に進んでいただきますと、内視鏡検査を行うお部屋になります。  

毎月、人間ドック受診者の方、横浜市胃がん検診の方など多くの方に検査を受けていただいております。

私たち外来スタッフ、感染防止対策に取り組み皆さんが安心安全に内視鏡検査を受けられるよう日々努めてまいります。