夏の風物詩

梅雨も明けて、いよいよ夏本番ですね

 

夏といえばみなさんは何を思い浮かべますか???
花火ですか、海ですか、それとも・・・
 
私は夏といえば阿波踊りなんです。
阿波踊りって都内(高円寺)とかでもやっていますけど、実は徳島の夏の風物詩で一大イベントなんです!!!
地元ではこの時期になると夕暮れ時にどこからか、本番に向けた練習のお囃子の音が聞こえてくるんですよね~あの音を聞くと故郷に帰ったなと思います。

 

 

☆なみきの動物たち☆

こんにちは~訪問看護です
梅雨明けはあともう一息のようですが、当院道路向かいの長浜公園では、小雨でも元気よく子どもたち遊んでいますよね。
その長浜公園のもうひとつの顔ご存知ですか??
公園の向こう側に野鳥観察園があるんですよー

こんな感じでかなり大きな池が
あります。
立入り禁止なのですが、回りに
中を覗ける窓が何箇所かあります。

さて、何が見えるでしょうか?

 

先日ふらっと行って覗いたらいきなりカワセミ目撃です!
上手にお魚ゲットしていました

 

そしてなんとアライグマも現れました~お尻を向けていますがカワセミとの
ツーショット「アライグマね。よく見るよー」と近くにいらした常連のおじさま。
そうなんですね並木にアライグマいるんですね

名前は分からないけれど、他にこんなのいましたよー

今回は観察小屋CとDから覗きましたが、その他にA・Bもあります。
興味のある方は散歩がてら巡ってみてはどうでしょう。
すごいの見たらUPしてくださいね


☆横浜鶴見リハビリテーション病院 内覧会に行ってきました☆

         6月1日にAMGグループ「横浜鶴見リハビリテーション病院」が開院します。

 横浜なみきリハビリテーション病院からも看護部からは(前)中村前看護部長をはじめ他にも

沢山の仲間が「横浜鶴見リハビリテーション病院」に転勤し開院に向け準備に奔走しています。

5月25日に内覧会が開催されましたので行ってきました。

鶴見駅から車両3両のJR鶴見線に乗り換えです。

初めて乗車する路線でワクワクしました。川を越え「鶴見小野駅」で下車して

駅前徒歩2分と

めちゃ!近いです。

当院は最寄駅から離れているので駅前という利便性が羨ましいです。

当日は、内覧会ということで病院玄関から受付のあたりまで、お花とスーツ姿の職員で迎えられました。  少し緊張しましたが・・・

病院の建物は5階建で1階フロアが受付、外来、検査室、放射線科、薬局。

2、3、4階フロアが病棟で各フロアにA・B病棟、2病棟ずつあり全部で6病棟。

5階がリハビリテーション室となっていました。

5階からは眺望が素晴らしくテラスも広くガーデニングができるようになっています。

病棟は各階ごとにテーマカラーがありカーテンや椅子等も

テーマカラーに準じて

整えられています。

また床材も無地ではなくフローリング調になっており 家のような雰囲気を醸し出しています。

回復期リハビリテーション病棟、療養病棟は急性期病棟に比べ長期の入院生活になります。

落ち着いた雰囲気は最適だと思います。

6月1日から患者様を受け入れ「横浜鶴見リハビリテーション病院」を創り上げていくのは

大変だと思いますが頑張ってください。

応援しています

 

こんにちは^^

桜のシーズン、所により早くも八分咲きやこれから見所を迎える場所もあるようですが、皆さまお花見スポットにはもう行かれましたか?個人的には目黒川の桜並木と共に夜の雰囲気がお気に入りで、今年も楽しみにしているところです(*^_^*)     新年度のスタートに桜が華を添え、なみきにも新たな仲間を迎えることになります。昨年の今頃、私は看護師国家試験の結果をドキドキしながら待っていました。あれから1年・・・時の流れるのは本当に早いものです。今日までの一年間を振り返ると、先輩方からたくさんのことを学び、また、患者様から温かい言葉を頂きながら多くの方々に支えられ、感謝でいっぱいの一年でありました。二年目を迎えるにあたり、課題の幅も増え難易度も上がっていきますが、リハビリテーション病院ならではの他職種連携の強みを活かし、患者様に精一杯答えていけるよう邁進していきたいと思っております。

平成最後の

こんにちは

4A病棟です。

最近急に季節が進み、日に日に暖かくなってきていますね。

つい先日『平成最後の桜の開花宣言』というニュースをやっていました。

色々な『平成最後』をよく耳にしますが、本当にあと1か月と少しで新しい元号になるんだなぁ・・・

と少しずつ実感が湧いてきています。

元号と言えば、私は40と〇歳なので昭和生まれですが、スタッフには『平成生まれ』の若者(?)も多くいます。

夜勤明けで会ってもお肌がつやつやで、「このまま遊びに行きます」と、若さがうらやましいです

さて、 4A病棟は回復期リハビリ病棟で患者様はリハビリのために入院されていますが、患者様も少ないですが 平成生まれの方、最も多くの昭和生まれの方、    まだまだ元気な大正生まれの方、と世代も様々です。

先日、入院中にめでたく『100歳』の誕生日を迎えられた患者様もいらっしゃいました

そんな大正生まれの方々から見れば、40歳代なんてひよっこ

70歳代、80歳代でも『まだ若いのねぇ』と言われます

人生の先輩方は本当に元気で逞しいです

病棟では病気や障害だけでなく、年代も、生きてきた時代も全く違う方々が縁あって同じ病棟に入院され、一緒に生活・リハビリを頑張っていらっしゃいます。

そんな患者様が、少しでも生活しやすいように、リハビリに専念できるように、機能が回復できるように、日々お手伝いをしていきたいと改めて思う今日この頃です。

『平成最後の』から何だかとりとめのない内容になってしまいましたが・・・

最後に当院の目の前の長浜公園の本日の桜の木(ソメイヨシノではなくシダレザクラですが)の写真で終わりまーす。